サポステとは

  1. HOME
  2. サポステとは
  3. サポステとは

サポステとは

「働きたいという気持ちはあるけれど…でも…」

さまざまな状況の中、動き出すことができないまま、こうした思いを抱えている若者がたくさんいます。

サポステでは15歳から39歳までの若者のうち、働くことに悩みをかかえている方のサポートをしています。

専門の相談員があなたのお話をお聴きして、あなたの“これから”を一緒に考え、面談やさまざまなプログラムを通してあなたの就職を応援します。
また、必要に応じて関係機関と協力しながらサポートさせていただくことがあります。

だれでも自分ひとりのチカラには限界があります。 サポステきのかわのスタッフや、
同じように悩みを抱えるサポステきのかわの利用者さんと一緒に、
あなたの新しい一歩を探してみませんか?

サポステとは?(厚生労働省ホームページ)

和歌山県内にはサポステが三か所(和歌山市、橋本市、田辺市)あり、 働くことに踏み出したい若者たちとじっくりと向き合い、 本人やご家族の方々だけでは解決が難しい「働き出す力」を引き出し、 「職場定着するまで」を全面的にバックアップする厚生労働省委託の支援機関です。

サポステは全国に約170箇所 設置されています。

header_ashita_logo


 

このページの先頭へ